So-net無料ブログ作成

男の子に多い?『小児喘息』 [かかりやすい病気]

気道(空気の通り道)が炎症を起こし、咳や、息苦しくなったりする病気が喘息です。
seki.jpg
悪化すると咳が激しくなり、聞いているだけでも苦しくなってくるような呼吸の音がしてきます。

喘息の発作は、寝転んでいると苦しいので、座った状態で肩で息(起坐呼吸)をするようになります。

最近では、2歳までに60%、6歳までに90%の確立で喘息が起こると言われています。

全体的にみると、男の子の方が喘息を起こしやすいようです。(女の子の2倍)
成長とともに喘息の症状は軽くなっていきます。

子どもの喘息のほとんどの原因は、アレルギーによるものです。
(食べ物、花粉、カビ、ダニ、ハウスダスト、動物の毛など)

血液検査をして、アレルギーの有無、何ににアレルギー反応を起こしているのかを、喘息の症状が起こった時には調べる必要があります。

症状を軽くし、発作の回数を減らすことも、原因が分かればできます。

原因となっているものを、できる限り取り除くようにし、喘息に対処してください。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。