So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

子どもが虫歯にならない為の歯磨き方法 [子どもの歯磨きポイント]

どんなに丁寧にきれいに磨いても、1日1回ではむし歯を作ります。
2回でも作る子と作らない子がいます。
できれば3回以上磨いたほうが良いでしょう。
歯磨き.png
自分一人で磨けるようになるのは練習をしても小学校4~5年生からです。
練習をしていないと大人の人でもぜんぜん磨けていません。

小学校に上がるまでは「仕上げ磨き」ではありません。
「磨き直し」です。

小学校の1年生前後になると上手に歯を磨いているように見えますが、
実際はむし歯になりにくいところしか磨いていません。
やはり「仕上げ磨き」が必要です。

「仕上げ磨き」の時に歯磨き剤を使うとお口の中は泡だらけになってしまい、
実際に磨けているかどうかもわからなくなりますので、
歯磨き剤は使わないようにしましょう。

歯ブラシには水だけを付けて磨くようにしてください。
本人が歯磨きするときには歯磨き剤は使ってもかまわないですが、
少しだけにしましょう。

また歯磨き剤はフッ素入りを使った方が良いですね。



続きを読む


仕上はやっぱり「お母さん」? [子どもの歯磨きポイント]

幼児の歯みがきは、歯ブラシに慣れさせるために
まずは本人(幼児、1歳児)に歯ブラシを持たせて磨かせてから
お母さんなどの大人に人が仕上げみがきをして下さいと指導している所もあります。
親子は磨き.png
NHKの『おかあさんといっしょ』でも歯みがきの歌が流れますよね。
歌詞の中でも「仕上げはおか~さん」と歌っています。

しかし、幼児に歯ブラシを持たせるのは、あまりお勧めではありません。

続きを読む


子どもの頃からの口腔ケア!3歳未満の歯磨きポイント! [子どもの歯磨きポイント]

小さなお子さんには歯ブラシを持たせる必要はありません。

最初からお母さんがすることによって時間短縮ができ、
歯みがきの回数を増やすことができ、親子のストレスの軽減にもなります。
子どもは磨き.jpg
「魔の2歳児」と呼ばれる第1次反抗期でも
習慣を付けることで乗り越えることができます。

習慣が付いたお子さんでは機嫌が悪く泣いていても
歯みがきの体勢になると口だけは開けてくれるようになります。

続きを読む


乳幼児期の歯のお手入れってどうすれば良いの? [子どもの歯磨きポイント]

 皆さん、乳歯はいつ頃から生えるかご存じですか。
歯磨き.png
生後6ヶ月頃に下の前歯から生えることが多いですが
1歳のお誕生を迎えてもまだ生えていないこともあります。

乳歯が生える時期はお子さんによってかなり差があるものです。

歯が生えるのが遅いことは悪いことではありません。
逆にあまりにも早く生えすぎた場合には授乳の時にお母さんの乳首を傷つけたり、
赤ちゃんの舌に潰瘍を作ることもあります。

その場合は小児歯科にご相談下さい。

続きを読む


お風呂の入り方を改めて教えましょう!入り方とマナー [子どもと楽しむバスタイム]

この春、進級・進学したお子さんも多いでしょう。
交通ルールや社会のマナーなど、
さまざまなルールやマナーを
年齢に応じた内容で覚える時期です。

風呂はいり方.gif

お風呂の入り方も、あらためて教えましょう。

続きを読む


冬はカラダの芯から温まろう!子どもこそ『半身浴』を! [子どもと楽しむバスタイム]

すっかり寒くなり、これからさらに冷え込みが厳しくなっていく冬は
他の季節にも増して、お風呂が恋しくなる季節です。

子どもは風の子。
寒さをものともせず、元気に走り回っていることでしょう。

そんな子ども達の冷えた体を温め、
乾燥した空気でかさついた肌を潤してくれるのがお風呂です。

一日の終わりに親子でお風呂に入り、
あれこれおしゃべりしながらじっくり温まりましょう。
家族 お風呂.jpg
ポカポカ温まった体でベッドに入れば、寝付きもよく一晩ぐっすり!
お風呂を上手に活用すれば、厳しい季節を風邪知らずで過ごせます。

続きを読む


秋こそ長湯を楽しむ♪遊びながらカラダも心もポカポカ [子どもと楽しむバスタイム]

ついこの間まで暑い日が続いていたのに、
朝晩は冷え込みを感じるほどになりました。季節の変わり目は体調を崩しがち。
こんな時こそ、お風呂で疲れを癒し体調を整えましょう。
秋の夜長は、ゆっくりお湯につかるのに最適です。

開放感あふれるお風呂で過ごす時間は、
親子ともリラックスできるひと時。
家族 お風呂.jpg
自然にコミュニケーションやスキンシップが図れる、
子育ての場としてかけがえのないシーンのひとつです。
パパやママも、きっと楽しかった思い出があるはず。
今度はご自分がお子さんに楽しいバスタイムを経験させて、
ゆっくりお湯につかって温まる入浴習慣をつけてあげましょう。

続きを読む


暑い夏こそ湯船につかろう!湯船につかると良い事いっぱい! [子どもと楽しむバスタイム]

夏は暑いので、シャワーだけで済ませる方も多いのでは?

エアコンの効いた室内で長時間過ごしていると
知らず知らずのうちに、体に冷えがたまってしまうことも…。
そのままにしておくと夏バテしたり、夏風邪をひいたりしかねません。

新陳代謝も活発になる季節。

暑くなると、子どもは湯船につかるのを嫌がるようになりますが、
夜ぐっすり眠って疲れを取るためにも、シャワーだけで済まさず、
夏こそ湯船につかって、ゆっくり体を温めましょう。
湯船.jpg
冷えを解消し、夏を元気にのりきるパワーをよみがえらせてくれるはずです。

続きを読む


スターの春はチャレンジの春!お風呂で楽しみながら色々挑戦! [子どもと楽しむバスタイム]

春は、進学や進級、就職、転勤、引越しなど、
子どもも大人も新しい環境に胸をふくらませる季節。

好奇心溢れる春だからこそ、心身ともにリラックスできるお風呂を利用して、
子どもと一緒に何かを始めてみてはどうでしょう。
お風呂.jpg
親子がリラックスして、じっくり向き合えるお風呂の時間は、
子どもがひとつの課題に集中して取り組むことにも向いています。

自分の名前を読めるように文字を覚えたり、ひとりで体を洗うための練習をしたり、
お風呂のお湯や洗面器を使ってする遊び感覚の実験で、
なぜ?と考える芽を育てたり、大人も楽しみながら、
お子さんの成長を手助けしてあげましょう。

続きを読む


子どもが喜ぶ『キャラ弁』栄養バランスは大丈夫? [子どもの未来を育む食生活のポイント]

子どものお弁当は、キャラ弁等凝ったデザインも相変わらず人気で、
ママたちには大変なことでしょう。

もちろん楽しく食べてほしいのも当然ですが、
見た目を重視するあまり、栄養のバランスはどうでしょうか?

主菜が多すぎたり、主食が少なかったりしているかもしれません。

栄養のバランスがとれやすい、簡単な目安をご紹介します。
キャラ弁.png

続きを読む


前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。